EN劇集団さんたばっぐ

さんたばっぐとは?次回公演メンバー過去の公演リンクお問合せ


about
                                  撮影:伊東和則

笑って・泣けて・熱くなる
ハイスピード エンターテイメント ファンタジー


 劇団創設者「荒井良太郎」が鴨方高校演劇部所属中に、 キャラメルボックスの「不思議なクリスマスの作り方」のビデオを見て、 お芝居ってこんなに面白いんだ お芝居ってこんなに自由なんだ と、心を打たれ高校卒業後東京へ。 ENBUゼミ成井豊クラス4期生として約1年間お芝居の基礎を学ぶ。 卒業後岡山に帰郷し、 岡山で観る事の出来なかったエンターテイメント 東京でしか観る事の出来ないエンターテイメント を、岡山に広めるべく2002年『EN劇集団さんたばっぐ』を設立。

 タイムトラベルや夢の世界などの少し不思議なファンタジーと、笑って泣けて熱く手に汗握るハイスピードな舞台演出が 魅力。

■HISTORY
 
初期メンバーは高校時代の後輩達。2003年旗揚げ公演『CHERRY BLOSSOM』を上演 。
以降もメンバーを入れ替えながら毎年1~2回の公演を行う。

2005年5月には、チャレンジ公演『忘れ物』『探し物』を上演。 3日間で1時間劇を計8回行う。

2006年2月公演『僕の見た世界 ~CHERRY BLOSSOM~』の後、劇団解散の危機が訪れるが、
翌年2007年2月『始まりは静かに終わりの鐘をならす』を上演。
その公演を見に来ていた劇団破魔矢座のメンバーと共に、同年初めての合同公演 『僕の右手に君の手を』を上演。

2008年2月芸文館アイシアターで『昨日の今日は明日』を上演する予定が公演中止に。
そのため劇団員の数が四人となってしまい、劇団としての活動が出来ないと判断。
劇団としての活動を一時中断し、新たにプロデュース集団としての活動を開始。

沢山の力を借りて2009年8月倉敷市芸文館ホールにて、『僕がここにいる理由』を上演。

2010年には第25回国民文化祭おかやま2010演劇祭現代劇に出演。
2年連続で芸文館ホールでの公演を成功させる。

2011年。EN劇集団さんたばっぐとして活動再開。

2012年に創立10周年を迎え、記念公演と題して1年に4本の公演を成功させる。

2013年に岡山全27市町村を回る岡山ツアー第一弾として、ミュージシャン植田章敬とのコラボ舞台を実現する。

2014年には倉敷市創作舞台育成事業「輝き丸」のプロデュースを大成功に収める。

copyright 2002-2016 : SunTabag all rights reserved